*

2015年7月

結婚式余興で実現したい面白い事

結婚式余興で実現したい面白い事として、

フラッシュモブがあります。

 

金沢の結婚式余興みたいなことを

実現する事が出来たら良いのかなと思いました。

 

以前から、テレビなどで話題に

なっている事は知っていたのですが、

思っていたよりも実現可能性が高いと知り

やってみたいと思いました。

 

こことか相談できるみたいです。

http://www.penebakerent.com/

 

一生の思い出に残るような結婚式にしたいと思っていますので、

ちゃんと確かめたいと思いました。

 

 


乗り心地の良いエレベーターの基準

エレベーターの乗りごこちって意外と気になりませんか?
乗り心地の良いエレベーターには何も思わないのですが、乗り心地の悪いギシギシのエレベーターにのると「早く降りたい!」と思ってしまいます。
エレベーターが故障するかも!とか考え始めると、怖いですよね。
閉鎖された空間だから余計こわさが増します。
私はなかなかの小心者なので、少しでも怪しげな音がしたらすぐにおりてしまいます。笑
やはりメーカーによっても乗り心地は違うようで、プロの目指す乗り心地の良いエレベーターというのは新幹線のように音や振動をいかに小さくするかということだそうです。
あとはマニアックですが、ロープ式や低速エレベーター、高速エレベーターかによっても乗り心地が若干ちがいます。
やはり速く動いているエレベーターの方が振動も少なく、スーッと気持ち良く昇っていくイメージがありますよね。
海外のエレベーターも日本製のものがたくさんあります。
性能的にもとても良いそうです。
ぜひ、次にエレベーターに乗ったら会社名など調べてみるのも面白そうですね。

結婚式余興にピッタリの事

結婚式余興で面白い事が出来ないかなと思っていたら、

仙台の結婚式余興なんてのを見つけました。

 

フラッシュモブでサプライズを実現しているのですが、

こういうの出来たら面白いなと思いました。

 

いろいろと調べてみたら、

フラッシュモブジャパンと言うところが関わっているみたいです。

 

結構、大変そうな印象も受けたのですが、

ダンス初心者でも大丈夫と言う話なので、

やってみたいと思ってしまいました。

サプライズが成功してくれたら嬉しいです。

 

 


帰化申請を東京でしてみたら

帰化申請を東京で行うためには、最終的には面談をクリアしなければなりませんが、これには十分な予行演習をつまないとダメな場合があります。もちろん、ギリギリの限界事例の場合でしょうけれど、私の周りの在日の仲間も、簡単には行かないものだね、とこぼしているくらいですから相当なものです。でも、最近は、職場に電話を入れたりすることは少なくなりつつあるようで、そういう意味では法務局も人権に配慮しつつあるような気はしますね。以上、「帰化申請を東京でする方へ」でした。


帰化申請を東京でしてみたら

帰化申請を東京で行うためには、最終的には面談をクリアしなければなりませんが、これには十分な予行演習をつまないとダメな場合があります。もちろん、ギリギリの限界事例の場合でしょうけれど、私の周りの在日の仲間も、簡単には行かないものだね、とこぼしているくらいですから相当なものです。でも、最近は、職場に電話を入れたりすることは少なくなりつつあるようで、そういう意味では法務局も人権に配慮しつつあるような気はしますね。以上、「帰化申請を東京でする方へ」でした。


帰化申請を東京でしたくなったけど

帰化申請を東京で行うためには、最終的には面談をクリアしなければなりませんが、これには十分な予行演習をつまないとダメな場合があります。もちろん、ギリギリの限界事例の場合でしょうけれど、私の周りの在日の仲間も、簡単には行かないものだね、とこぼしているくらいですから相当なものです。でも、最近は、職場に電話を入れたりすることは少なくなりつつあるようで、そういう意味では法務局も人権に配慮しつつあるような気はしますね。以上、「帰化申請を東京でする方へ」でした。


定住者ビザの取得に大騒ぎww

定住者ビザというのは確かに、一朝一夕にはとれないと聞いていましたが、これほど困難とは思いませんでした。よく考えてみれば、告示に列挙された人であればまだ可能なのかもしれませんが、告示に列挙されていないということは、政府が想定していないカテゴリーとのことなので、生半可な申請で通るわけも無いのですよね。何度も不許可になったあげくに行政書士の先生にお願いし、もう少し早くお願いしていたら結果も違ってきたであろうと思っています。以上、「定住者ビザの書類」でした。


配偶者ビザが不許可になって大慌てのその後

配偶者ビザについて教えてもらおうと、一足先に国際結婚をした友人に聞きに行きましたが無駄でした。同じ国なので書類も同じようなものと思っていましたが、人それぞれの状況に合わせて書類をカスタマイズしないと、このご時勢、とても配偶者ビザはおりないよ、とアドバイスされました。よく考えてみればその友人もフィリピンで弁護士を雇い、日本では行政書士にお願いしていたので、その費用を自分が浮かそうとしていたのは甘かったかも。以上、「配偶者ビザの準備」でした。


結婚式余興の費用が気になった

実際のところ、結婚式の余興として、

フラッシュモブを考えた場合、

結婚式余興の費用

どのくらいになるのかが気になりました。

 

やはり、お金の問題が

一番現実的な問題になりそうです。

 

当然、やり方によっても違うと思うのですが、

自分がやりたい事が

出来るのかどうかは確かめておく

必要があると思いました。

 

そうじゃないと、

せっかくやる意味がなくなりますので、

ちゃんと考えたいと思いました。

面白いことになってくれる事を期待したいです。