*

2017年2月

足のサイズが違う人でもオーダーメイドの靴ならOK

足のサイズって、右と左で違ったりするみたいですね。でも一般的には、同じサイズでペアで売られている物を買うしかないですよね。箱に両方入ってますからね。右が24.5で左が25くださいってお願いしたら、それで売ってくれるんでしょうか。その場合、残りの左と右の靴はどうなるんでしょうか。お店の在庫が、タンスの中で行方不明になる片方しかない靴下状態になってしまうかもしれません。

 

オーダーメイドの靴ならサイズ違いOK

 

でもオーダーメイドの靴なら、そんなことも気にしなくていいですよね。サイズが違おうと、足の形が違おうと、その人に合わせた靴を作ってくれます。サイズの合わない靴を履くのは体にもよくないみたいですし、運動する前にそのための靴を見直すべきかもしれません。


子どもの頃、乾燥肌の正しい対策を知っていたら

何だか今日はツイてない。そんな日ってありますよね。やることなすこと失敗だらけ、できたと思ったことも実は他にもっといい方法があった等、厄日かと思ったりします。

 

子供の頃乾燥肌の対策をしておきたかった方に

 

肌のお手入れも、やることなすこと裏目に出ている気がしてなりません。それは昔、ニキビに悩まされていた頃のこと。ニキビを治すには洗顔するしかないと思い込んでいた頃のこと。洗顔のし過ぎで肌はカサカサ、だけどニキビは治るでもなく、化粧水なんてつけたらニキビが悪化すると思い洗顔後は何もせず、肌はさらに乾燥し、白く粉を吹く状態に。さすがに恥ずかしいので水で濡らして粉を目立たなくさせるも、ただの水なので乾いてしまうと元通りに。もう本当にどうしたらいいのか分からないし、誰にも顔を見られたくない時期でしたね。肌が荒れやすいのは、あの頃の乾燥肌が原因なのではないかと思います。大人になると知識もついて、正しいお手入れができますが、子どもの頃って噂に振り回されたりしますし、これがいいっていう商品も高くて買えなかったりしますから、自己流の対策をして失敗することも多いですよね。子供の頃から、正しいケア方法を学ぶことが大切だなと思います。メイクして大人ぶるのとはまた別ですからね。


プロはカードローンとキャッシングの両方で初心を忘れない

借り入れている総額を逐一把握する作業は、債権者が数社であるほど煩雑さを極めます。
推計で算出すると利息を度外視するなどの平凡な誤りを招くので、カードローンの返済にまつわる明細書を確認して正確な値を導き出すのがプロです。
キャッシングで完済するまでに欠かせない現金は、希望した額のみならず利息も含みます。
手動で計算しても答えが判明しますが、真偽の程は明細書に目を通さなければなりません。
初心を重要視するプロであるほど、カードローンの債権者が発行した書類を保管する傾向があります。
キャッシングの完済までの見通しを立てる作業からは、精神の安定を獲得する効果が得られます。
プロは計画性のある返済生活を確立することによって、キャッシングで心理的に影響が出ないように注意する折がしばしばです。
カードローンは借りてからの気の引き締めが肝心なので、自律心を強くすると同時に初心への立ち返りで作業を重く受け止めると完済の道筋が表れます。

詳しい情報についてはhttp://www.merdurhaus.com/こちらです。


ノロウィルス対策はオブツポイポイとリネット!

主人が会社で「オブツポイポイ」という商品をもらって来ました。
取引先の方がくれたそうなのですが、我が家のような小さい子どものいる家庭にはまさにもってこいの商品なのです!

「オブツポイポイ」という名前で大体想像出来ると思いますが、汚物を捨てるために使います。
プラスチックの容器に砂のような色の粉が入っているのですが、嘔吐をしてしまった際、その嘔吐物に粉を振りかけると嘔吐物が固まるのです。
「オブツポイポイ」のすごさは固めることだけではありません。
固めるのと同時に嘔吐物の細菌やウイルスを除去してくれ、しかもあの独特の嫌な臭いも消臭してくれるのです。
幼稚園に通う子どもがいる家庭にとっては夢のような商品!!
以前、ノロウイルスにやられた際、息子は一晩で8回嘔吐しました。
小さめの段ボール箱にビニール袋を二重に被せ、そこに吐かせようとしたのですが、うまくそこに吐くことが出来ず、結局布団やシーツを何度も汚す羽目に...。
その都度、お風呂場へそれを運び洗わなければならず、大変な思いをしました。

嘔吐物の処理は親にとって本当に大変で体力を消耗しますよね。
次回息子が嘔吐した際には「オブツポイポイ」を使って処理してみようと思います!
もちろん、一番いいのは胃腸風邪にかからないことなんですけどね。

また、汚くなってしまったお布団はリネットという宅配クリーニングに出そうと思います。
家で洗濯するのはちょっと嫌なので。→リネット公式サイトはこちら